忍者ブログ
奈良・京都・大阪の葬儀の現場で毎日働いています    葬祭業一筋20年になります    奈良家族葬葬儀のオフィスシオン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家族葬・無宗教葬を施行するためには

シオンのようにそれなりの、専門的な知識があるところにお願いする方が

いいのかもしれません

特に、故人の遺志などによるものであれば

それの引き出しにはある程度のノウハウが必要になってきます

一般の葬儀社では
「家族葬だから、普通の葬儀のようなことは必要ありません」

「無宗教葬だから、お寺がいないので形式にはとらわれません」

それだけのアドバイスで

それ以上突っ込んで何かの企画をしてみようとするところは

非常に少ないのです

故人をおしのびするための

ナレーションの取材すらすることもなく

単に、お寺のお勤めが無いだけの葬儀として

取り扱うことしかできない葬儀社がほとんどです

要するに、お寺さんがいなくなってしまうと

そこに空いた、本来、自由に使える時間を

使うノウハウを持っていない葬儀社がほとんどだと言うことです


また「家族葬」と言う言葉が

一般の葬儀社からみると

「売上の上がらない安物の葬儀」ととらえられて

「金額が出てないのに、なぜそこまでする必要がある?」と

葬儀社から逆に問われることが多いのです


先日来、現場スタッフとして、「家族葬」「無宗教葬」の仕事に

大手葬儀社をはじめ、いろんな葬儀社のところに入っても

いつも「なぜ、もっとご遺族のおもいをカタチにしてあげることを考えないの?」

「こえならば、私自身が担当して仕事を受けたほうがもっといろんな事ができるのに」

そんなことを感じさせられます

また、シオンの社長は、昔からいろんなところで無宗教葬の仕事をしてきました

だから、ノウハウはいっぱい持っています

そのノウハウを私たちは現場でご遺族に提案できる対応力を常にみがかされています

「葬儀のやり方はこんなもん これでいいのだ」と思ってしまったら

成長は止まることをいつも耳が痛くなるほど言われ続けています

そこで、知らず知らずの間に鍛えられていることで

他社の現場に入ると、物足りなさを感じてしまうようになるのでしょう


今回の「家族葬」「無宗教葬」の現場も

シオンの仕事であればきっと形が違っていたことは間違いありません


やはり、無駄に「家族葬専門」というカンバンは上げてはないということなのでしょう










 「ひと・ゆめ・出会い 広がる、つながるロンダート」 


大きな夢を持った若者の集まりです


「プレビアクラブ」(入会金・年会費無料)会員募集中です


「プレビアクラブ」    ←入会案内と会員登録はこちら


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 地域生活ブログへ 今日も上の3つをポチッとして下さい 

 家族葬のコツ教えます

家族葬のプランあります

 0120-365-125 葬儀事前準備専用ダイヤル プレビア

 0120-365-442 家族葬専門葬儀申込ダイヤル シオン

365日×24時間 病院退出用寝台車受付けています
 

私たちと一緒に仕事をしませんか?  葬儀求人ステーション







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
代表  寺本恵美子
性別:
女性
職業:
葬祭コーディネーター
趣味:
仕事
自己紹介:
家族葬専門葬儀社
オフィスシオン

0120―365―442


株式会社オフィスシオン 専務取締役

儀典オーガナイザー(NPO法人 FBO 認定)

1級葬祭ディレクター(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)

日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー

ホームヘルパー2級


オフィスシオン携帯用サイト
QRコードをご利用下さい
日本中の葬儀社の企画室
trans_bannar.JPG



   トランスブレイン
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
(01/16)
(12/21)
(12/21)
(10/24)
(09/22)
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]