忍者ブログ
奈良・京都・大阪の葬儀の現場で毎日働いています    葬祭業一筋20年になります    奈良家族葬葬儀のオフィスシオン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

葬儀の話しをし始めると

逃げ場をつくれない人がいます

先日もお客さんが

「葬儀はこれからドンドンと需要が増えて儲かるね」と言ったために

話がおかしくなりました

「いえ、この業界は斜陽産業です」

「死亡人口の増加はありますが
 1件単価は3分の1以下に落ち込んで行きますから」

「1件単価×件数が総売り上げになるのですから
 従来の3倍の人がなくなってくれてやっと現状維持」

「ところが、この40年後にピークを迎える死亡者数も
 今の2倍弱にしかなりません」

それに対してお客さんが

「結婚式が地味婚で斜陽産業というのはわかるけど
 葬儀はまだまだこれから伸びるよ」といわれました

すると、またまた輪をかけて

「だからー、その伸びるといわれる要因はなんですか?
 私たちがこの業界にいてそれがわからないんです」

「高齢化はこの業界を衰退させていると言っているんです」

「他に伸びるとお考えの要因を教えて下さい」

こんなやりとりが始まりました


そして、最後に、論破されそうになり困り果てたお客さんは

「そんなに儲けようとするからいけないのです」と言ってしまいました

その瞬間、私は
「あー その言葉を言うとこの人は収まりがつかんよー」
「お金儲けで葬儀を語るのが一番嫌いな人に対して
 それを言うと話は収まりがつかんよーになってしまうー」

案の定、それに対してまだまだ行くわ行くわ
「いえ、儲けようとするかしないかということを論じているのではありません」

「自分の会社が儲かるか否かという話をあなたとするつもりは到底ないんですから」

「本当に儲かっていたらここでお店を出したりはしていませんしね」

「業界がどのように動いているのかという話をしているのでしょう」

全くひくつもりがありません

お客さんは立ち上がりかえりにかかりましたが
それでも話は続いています

ここ最近、何がいけないのか、虫の居所が悪い人ですから
何かあるとすぐに言い返しています

こんな人を上司に持つと疲れるのはこちらです




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 地域生活ブログへ 今日も上の3つをポチッとして下さい 

 家族葬のコツ教えます

家族葬のプランあります

 0120-365-125 葬儀事前準備専用ダイヤル プレビア

 0120-365-442 家族葬専門葬儀申込ダイヤル シオン

365日×24時間 病院退出用寝台車受付けています
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
代表  寺本恵美子
性別:
女性
職業:
葬祭コーディネーター
趣味:
仕事
自己紹介:
家族葬専門葬儀社
オフィスシオン

0120―365―442


株式会社オフィスシオン 専務取締役

儀典オーガナイザー(NPO法人 FBO 認定)

1級葬祭ディレクター(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)

日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー

ホームヘルパー2級


オフィスシオン携帯用サイト
QRコードをご利用下さい
日本中の葬儀社の企画室
trans_bannar.JPG



   トランスブレイン
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
(01/16)
(12/21)
(12/21)
(10/24)
(09/22)
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]