忍者ブログ
奈良・京都・大阪の葬儀の現場で毎日働いています    葬祭業一筋20年になります    奈良家族葬葬儀のオフィスシオン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最後のお別れの日です

昨日は、どうしたらいいのかわかりませんでした

柩を買いに行きましたが、納棺せずにいました

(まだドライアイスも、お線香も、トイレのマットもそのままです)

葬儀をどうしよう 私にとっては家族ですが・・・

ほかの方からすれば、愛犬、ペットに葬儀をすることを

理解してもらえるのか、話(ことば)が出ず夜になりました

「お寺様にお経を読んでもらえるのか・・・

近しい人たちに来てもらうのか・・・

祭壇のお花は用意してもらいました。

ピアノも勇気を出して、お願いしました

(ペットのことなのに、リクエストまで聞いてくれたんですよ)

社長にお寺さんどうしよう?と相談したら

「お願いしてあるよ」とこれで安心しました

一緒に働く皆には、当日の朝になりましたが、

来てもらえるよう電話しました。

当日の朝、4時ごろまでかかって

「あーちゃん感謝の言葉」 と いうビデオを作っていたんです

どうしても、音声がつなげず諦めていたものを

そのあと朝7時30分までかかって

社長が作り上げたくれたんです

開式前いいお別れ会にしたいため、

次々といろんなことが 思い浮かんできました

親しくしているお寺様(ペットは初めてとおっしゃっていましたが・・・)

お寺様に表白の代わりに

「犬の聖歌」というものを読んで頂け るよう

厚かましいお願いもしました

ある方のは、「虹の橋」という詩を朗読してもらいました

「犬のおまわりさん」献奏していただき、一緒に歌いました

司会もお願いしました

色鉛筆で描いてもらった弔電やお手紙も読んでもらいました

急に「社長謝辞」も振るようにお願いしました

社長は私が何もしゃべれない分、

その気持ちを全部話してくれました

私たち葬儀の仕事に携わる者たちは、いのちに敏感になって

悲しみの中にいる方たちと接する仕事です

なにか少しでも感じ取れた気がします





















PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
代表  寺本恵美子
性別:
女性
職業:
葬祭コーディネーター
趣味:
仕事
自己紹介:
家族葬専門葬儀社
オフィスシオン

0120―365―442


株式会社オフィスシオン 専務取締役

儀典オーガナイザー(NPO法人 FBO 認定)

1級葬祭ディレクター(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)

日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー

ホームヘルパー2級


オフィスシオン携帯用サイト
QRコードをご利用下さい
日本中の葬儀社の企画室
trans_bannar.JPG



   トランスブレイン
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(01/16)
(12/21)
(12/21)
(10/24)
(09/22)
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]