忍者ブログ
奈良・京都・大阪の葬儀の現場で毎日働いています    葬祭業一筋20年になります    奈良家族葬葬儀のオフィスシオン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の現場は公民館でした

この季節は本当に寒いので式場内にも葬儀社のストーブが入っています

ところが、そのストーブは出棺後の片付けの際にトラックに積んで祭壇と一緒に持って帰ってしまうのです

そうなると、火葬場から戻っての仕上げの時や初七日の時にはストーブはありません

絶対に「寒い」とクレームが出るんです

だから、今までもそんなことは何回でもありました

今日も片付けに来た人に残してもらうように頼んだにもかかわらず、
もって帰ってしまいました

これが外注のリース屋さんのものであれば
そういう契約になっているのだから仕方がないと思うのですが
同じ葬儀社のもので
どうせ、もって帰っても祭壇と一緒に倉庫代わりのトラックに積みっぱなしなんです

けど、片付けの担当者は「指示がでていない」「またとりに来なくてはならない」などと言って置いて行きませんでした

斎場から戻ったご遺族からは「ストーブがない」と怒りの声

これがいつものことなんです

こんなことを社長に話すとあきれて笑っていました

「大きな葬儀社に仕事を頼んだご遺族のミスも考えやんとな」

いつもセクション主義を徹底的に批難しているんですが
今日は本当にあきれ返っているみたいな様子でした

「こんな状況をセミナーではどんどんと話してみよう」と言っていました

そして最後に
「直接ストーブがなかったことに対してのクレームは出ないかもしれないけど、きっと他の事で何らかのクレームが出るだろう」
「それは、こういうことが積み重なって出ていることがわからないのだろうか」
「逆に外注の業者のストーブだったら、平気で置いて行かせて、またとりにこさせるにきまっとるわな」
と言うことらしいです
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 地域生活ブログへ
今日も上の3つをポチッとして下さい よろしくお願いします





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
代表  寺本恵美子
性別:
女性
職業:
葬祭コーディネーター
趣味:
仕事
自己紹介:
家族葬専門葬儀社
オフィスシオン

0120―365―442


株式会社オフィスシオン 専務取締役

儀典オーガナイザー(NPO法人 FBO 認定)

1級葬祭ディレクター(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)

日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー

ホームヘルパー2級


オフィスシオン携帯用サイト
QRコードをご利用下さい
日本中の葬儀社の企画室
trans_bannar.JPG



   トランスブレイン
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(01/16)
(12/21)
(12/21)
(10/24)
(09/22)
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]