忍者ブログ
奈良・京都・大阪の葬儀の現場で毎日働いています    葬祭業一筋20年になります    奈良家族葬葬儀のオフィスシオン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

火葬場併設の式場で、施工していました

ノラ猫なんですが、えさを毎日あげる人がいるので

そこに住みついています

たまには、仕上げのお料理のおかずでももらえるんでしょう

3匹ほど住みついています

縄張りがあるんでしょうか ネコちゃんどうしけんかをして、耳や顔が傷だらけです

首のうしろも大きな(たばこの半分強位の広さ) かさぶたです

声もかれた声でかすかに、「ニャ~」としか泣きません

前回 葬儀をされた喪主さんからも、コンビニ弁当を平らげていました

弁当のスパゲッティに白いご飯、魚のフライなど、

めちゃくちゃおなかを空かせていたんでしょう

あれではけんかも負けそうです

今回もそのネコちゃん登場してきました

前に乾いてきていたかさぶたが、全部とれて肉が丸見え 骨も見えているんです

血もぽたぽたこぼれています

猫同士のけんかでは考えられないくらいのけがです

もしかして、動物虐待、それか車の下に潜り込んで、熱いマフラーか何かでやけど?

葬家のご家族や親せきも心配して、「このままでは、バイ菌が入って死んでしまうよ」と

みんな大騒ぎ

自分とこの葬式どころではなくなってきていました

私も獣医さんに連れって行ってあげたい気持ちでいっぱいでしたが

仕事中です

そこで社長に電話してみました

「昼からお客さんと会う」ということで2時間ほど空いていました

「獣医さんに連れって欲しい」

社長は「えらい、話が出てきたな~」と言いながらも、用事を済ませ来てくれました

その間に、ネコちゃんんを捕まえて箱の中へ入れなければいけません

とりあえず私ひとりで抱きかかえたんですが、暴れました

近くのお兄さんも手伝ってくれました

ネコちゃんも必死です 噛みそうになるし、引っ掻かれても大変です

もう一人力のある勇気のあるお兄さんも手伝ってくれました

いったん段ボールの箱へ入れ、出ないように押さえつけていたんですけど

ヒモやタオルを取りに探しにいっている間に手薄になり、

逃げてしまいました

「お医者さんに行くよ」と言っても通じませんでした

葬家のご家族皆さんも、初七日法要が済んで帰るまでに、もう一度見つけようと

気にかけていましたが、びっくりしたのか戻ってきませんでした

でも大丈夫だと信じています
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
代表  寺本恵美子
性別:
女性
職業:
葬祭コーディネーター
趣味:
仕事
自己紹介:
家族葬専門葬儀社
オフィスシオン

0120―365―442


株式会社オフィスシオン 専務取締役

儀典オーガナイザー(NPO法人 FBO 認定)

1級葬祭ディレクター(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)

日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー

ホームヘルパー2級


オフィスシオン携帯用サイト
QRコードをご利用下さい
日本中の葬儀社の企画室
trans_bannar.JPG



   トランスブレイン
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(01/16)
(12/21)
(12/21)
(10/24)
(09/22)
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]