忍者ブログ
奈良・京都・大阪の葬儀の現場で毎日働いています    葬祭業一筋20年になります    奈良家族葬葬儀のオフィスシオン
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今までは、(昔は)葬式の日には、女性は着物の喪服を着ることが正装として

よくありましたが

今の時代、見かけなくなっていました

そして、私たちがお世話をさせていただくのは、ほとんど家族葬です。

ですから、兄弟や孫など気心知れた方たちばかりですので

着物の喪服を着ることがほとんどありませんでした

今日お世話させていただいた家族葬では

亡くなった方の子供とそのお孫さんだけ12人でしたが

長男様の奥様と次女様は着物の喪服を着られました

久しぶりの着物姿を見てその方たちのお気持ちが

よく伝わってきたんです

「お母さまへの哀悼の思い」

「家族だけで、きっちり送りたい!」

思いはあってもなかなか言葉に出しては伝えれません

だからそのひとつに「着物を着る」

お母さまへの精いっぱいの感謝の気持ち

そのお気持がよく伝わってきました


シオンのキャッチフレーズに

「迷惑をかけたくないという親のこころ」

「きっちり送りたいという子のこころ」

「シオン家族葬は二つの心におこたえします」

キッチリとはこのような気もちの事ですね
PR
今日は、滋賀県での葬儀でした

今まで、奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県、三重県での施行でしたけど

もうひとつ県が増えました

今日の帰りに京都の仕事が入ったんですけど

これで、

「京都なんか近いもの」という感じになります

多少の遠方でも、

事前相談で話ができていて、

家族葬でそんなに急な追加がなければ大丈夫という社長の考えも納得できます
大きな葬儀は、まだ完全には任しきれていないスタッフに

家族2人だけの葬儀を任せてみました

一人暮らし自宅での死亡で、ご家族の方は慌てていましたが

つきっきりでお世話できたみたいです

一緒にかかりつけの病院に行き

警察にも行き、役所の手続きにもついて行ってと、できたみたいです

そして霊柩車の運転にも予行練をして事前に道を調べ確認してきたみたいです

そして「どう?無事に終わった?」と聞くと

「私たち直葬専門スタッフになるわ~」とうれしそうな声でした

気持ちよくお世話することができたんだと思います

その返事を聞いてご家族の方も満足してくれていると信じられました

社長に「任せてやらせてみる」ことの大事さは、よく聞かされていましたのでよかったです

気をつけたいのは、直葬は小さな葬儀です

費用も安価になります

「安かろう悪かろうではあかんよ!直葬こそ担当者の器量が大事になるよね」と

話し合いました

本日、京都の施行では、音楽葬がありました

そして、昨夜から大型台風が来ています

ピアノとフルートの奏者を準備していましたが

電車が止まったり、道が通行止めになったりして、

奏者が現場に間に合わなかったらどうしようと

社長はすごく心配していました。

(三重県人の人は台風の怖さを知っています)

(伊勢湾台風が語り継がれているんです)

奏者には、神戸の人と大阪の人と京都の人3人にお願いしました。

社長は「絶対に電車は停まるで~」と危機管理のため3人にお願いしました

最悪の場合でも、京都の人にフルートと自宅で録音したピアノのMDで

行こうということになりましたが、おかげさまで、無事3人ともが

間に合いました

奏者の人たちも台風のことを気にかけ、朝早くから出発してくれていました

一人の方は、途中の駅で降ろされ、1時間半もホームで待たされたようです

いつ出発できるかわからないのに寒い中待っていてくれていました

式場に着いた途端、冷えた体と指を温めるため、お湯を飲んでの開式

本当にありがたいことです

これこそプロだと思いました

今日はありがとうございました

毎回ご家族の方は喜んでくれていますので・・・

改めてお伝えします
ひとつ大きな問題になるところでした

お花屋さんが、してくれている部分だったんですが・・

社長にすぐ、報告すると

「お花屋さんは、悪くない!」

「4人も5人も現場に行ってて、何してるんや!」

「ひとりひとりが、担当者や!っと思って仕事してへんからや~!」

私が、「チェックシート作ろか」と言うと

「チェックシート作ったら、それしかせえへん!」

「もっともっと、いろんな事に、神経を集中させやなあかんのにー」

「意識の問題や~!」と

怒られました。

いいえ、教えられました。

本当にそのとおりです

役割分担も必要でしょうけど、

1人前の仕事を目指すのではなく

1.5人前の仕事をして、協力し合ってできたら

楽しく、気持ち良くお仕事出来ますよね
プロフィール
HN:
代表  寺本恵美子
性別:
女性
職業:
葬祭コーディネーター
趣味:
仕事
自己紹介:
家族葬専門葬儀社
オフィスシオン

0120―365―442


株式会社オフィスシオン 専務取締役

儀典オーガナイザー(NPO法人 FBO 認定)

1級葬祭ディレクター(厚生労働省認定資格葬祭ディレクター技能審査)

日本グリーフケア協会 グリーフケア・アドバイザー

ホームヘルパー2級


オフィスシオン携帯用サイト
QRコードをご利用下さい
日本中の葬儀社の企画室
trans_bannar.JPG



   トランスブレイン
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
(01/16)
(12/21)
(12/21)
(10/24)
(09/22)
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ [PR]